「肌のゴールデンタイム」って、本当は何時か知っていますか?

肌の美しさと密接に関わっている睡眠。
今日は、質の良い睡眠について改めて考えてみましょう。

 

「肌のゴールデンタイム」という言葉、よく耳にしますよね?

 

一般的には、夜10時から2時ころにかけて、肌が生まれ変わる成長ホルモンがたくさん分泌されるので、美肌を手に入れたいなら、この時間によく寝ましょう、と解釈されていることが多いようです。

 

でも、実は、夜10時から2時ころという時間帯にあまりこだわる必要はないのです。

 

睡眠は、レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)の2種類で構成されており、一定のリズムで繰り返しています。

 

成長ホルモンが分泌されるのは、眠り始めてから最初のノンレム睡眠であることが研究で解明されており、そのノンレム睡眠が現れるのは、眠りについてから3時間の間だけなのです。

 

つまり、昼の12時に寝ても、夜の12時に寝ても、重要なのは、眠り始めてからの3時間、深い眠りにつくこと。時間帯は関係ないのです。

 

では、なぜ肌のゴールデンタイムは、一般的に夜10時から2時と言われるの?と疑問に感じますよね。

 

それは、昔は現代ほど女性の社会進出が活発ではなく、夜10時、11時ころに寝る人が多かったからだと考えられています。
昔とは女性のライフスタイルが変わったということですね。

 

強力な紫外線を浴びる夏は、寝ている間に、ダメージから肌を修復させるためにも、いつもより成長ホルモンの存在が大切になります。

 

これから始まる寝苦しい夏。
寝付くのも結構大変ですよね・・・。

 

体が冷えるのは困るからと、寝る時は冷房をオフにする方も多いようです。

 

でも、肌の再生のことを考えたら、タイマーを利用して冷房は付けたままにして、快適に眠りにつく方がベターです。
「勝負は眠り始めの3時間!」と意識して、皆さんも成長ホルモンをドバドバ分泌させる工夫をしてみてくださいね!

 

 

この記事が気に入った、参考になったと思っていただけたらぜひ、

「いいね」を押してくださいね!      ↓↓↓

バックナンバー