女性ホルモンアップ!秋に食べたい「アンチエイジングフルーツ」

沢山のフルーツが実りの時期を迎える秋。
今回は、美容効果が高い、今が旬のフルーツをご紹介しましょう。

 

それは「いちじく」です。

 

まず、種子に大量に含まれているのが「植物性エストロゲン」。女性ホルモンの一種であるエストロゲンと同じような構造を持つものです。ホルモンバランスを整えてくれるので、美肌に効果があるだけではなく、PMS(月経前症候群)や、更年期などの症状の緩和が期待できるのも嬉しいですよね。

 

また、メラニン色素を抑える働きを持つ、ザクロエラグ酸が含まれているので、美白効果も。アントシアニン、ルテインといったポリフェノール類が豊富に含まれているため、活性酵素を抑え、細胞の酸化を防いでくれる、抗酸化作用が高いのもポイントです。
”アンチエイジング食材”と言われるのも納得です。

 

さらに、ペクチンなどの水溶性食物繊維量が多く、便の水分状態を整え、排便しやすい状態にしてくれるので、単に便秘解消だけでなく、便秘と下痢を繰り返すようなタイプの方には持って来いのフルーツです。腸内環境も整えてくれるため、腸の善玉菌が活性化して、便秘による肌荒れの改善も期待できますよ。

 

実はその昔、いちじくは、中国で不老長寿の果物と言われ、栄養価や薬効が高い果物として重宝されていたようです。日本には、江戸時代に中国から伝えられましたが、初めは薬用として栽培されていました。
収穫時期は夏と秋の2回。9,10月の秋果の方が美味しいとも言われています。まさに今が食べ時!!

 

そのまま食べても美味しいですが、生ハムと合わせると、前菜に早変わり!
豆乳と一緒にジューサーに入れて、最強の女性ホルモンUPジュースにするのもおススメですよ。

 

この記事が気に入った、参考になったと思っていただけたらぜひ、

 

「いいね」を押してくださいね!      ↓↓↓

バックナンバー