「ピンク」色で女性ホルモンを活性化させましょう!

今日は「色」にまつわる女性ホルモンのお話です。

色は、私たちの心体にさまざまな効果を与えることが知られています。

 

例えば赤。

赤い色を見ると、気持ちが高ぶるだけでなく、体温と脈拍数も上がるんだそうです。

これは赤が交感神経を刺激するため。

 

そして緑。

目に優しく、リラックス効果の高い色として有名ですが、その他にも時間の経過を早く感じさせる効果があります。

壁が緑色に塗られている工場も多いのですが、単純作業を長く退屈に感じさせず、スピーディに仕事が終わっているように感じさせるためなんだとか。

 

では、女性ホルモンに影響のある色って、何色だと思いますか?
答えはピンク色。

ピンク色は女性の内分泌を活発にして、エストロゲンの分泌を促す効果を持っています。

女性がピンク色を好むのは、可愛らしいだけでなく、本能的にこのことを知っているからでもあるかもしれませんね。

 

見た目の女性らしさだけではなく、内側からも女子力をアップしてくれるピンク、ぜひファッションにも取り入れてみてはいかがでしょうか。

一口にピンクと言っても、淡いピンクから濃いピンクまで、色々な色合いがあります。

ピンクの服は私にはちょっと可愛らしすぎる…と抵抗のある方は、グレイッシュなピンクを取り入れてみるとよいでしょう。

 

また、ネイル、身の回りの文房具、パジャマやベッドカバーなどの寝具に取り入れるのもおすすめですよ。

毎日パソコンや携帯電話を使う方でしたら、壁紙や待ち受け画面をピンクのものにするという方法も!
「見る」だけで女性ホルモンが整うだなんて、見逃す手はありませんよ。

ぜひピンク色の力を、エイジングケアにも役立ててみてくださいね。

 

この記事が気に入った、参考になったと思っていただけたらぜひ、

「いいね」を押してくださいね!      ↓↓↓

バックナンバー