冷えを撃退する食べ物を見分ける3つのコツ

女性の大敵「冷え」。

 

肩こり、肌荒れ、女性ホルモンバランスの乱れなど、様々な不調の原因に。
冷え性対策は、色々とありますが、今日は、体の中から温める方法に注目してみましょう。

 

 

みなさん、体をポカポカ温めてくれる食べ物といえば、どんなものを想像するでしょうか?

 

 

一口に体を温める食べ物と言っても、たくさんあって、覚えられなかったりしますよね。
そこで、体を温める食べ物の見分け方をご紹介しましょう。

 

 

<ポイント1>寒い地域で採れる食べ物

 

 

気候が寒い地域で採れる野菜や果物は、体を温めるものが多く、
逆に、温かい地域で採れる食べ物は体を冷やす傾向があります。
また、冬が旬の食べ物も体を温めてくれます。
例えばカブやおネギなど。
お鍋によく入っている食材ですね。
夏が旬のトマトやキュウリは、体を冷やす食べ物です。
その土地で育つもの、その時期に採れるものを食べることで、自然と足りないものを補えるようになっているんですね。

 

 

<ポイント2>土の中で育つ野菜

 

 

土の中で育つ野菜は体を温め、土の上で育つ野菜は体を冷やす傾向があります。
例えばニンジンやサツマイモは、土の中から掘り起こして収穫しますよね。
これらは体を温めてくれる野菜です。
ほうれん草やレタスは、畑の大地の上に生えますが、これらは体を冷やす野菜です。

 

 

<ポイント3>色の濃い食べ物

 

 

白身より赤身、白ワインより赤ワイン…というように、色の濃い食材のほうが体を温める作用が強くなります。
ひじきや小豆などの黒に近い色をした食材も、体を温めてくれますよ。

 

 

すべての食べ物がこのルールに当てはまるわけではありませんが、おおまかな傾向として覚えておくとなかなか便利。
体が冷えてしょうがないという人は、体を温める野菜を積極的に食べるようにしてみてくださいね。

 

 

この記事が気に入った、参考になったと思っていただけたらぜひ、

「いいね」を押してくださいね!      ↓↓↓

バックナンバー