初秋におすすめ!夏の疲れを解消するハーブティー

暦は9月なのにまだまだ暑さが厳しい毎日。

 

夏の疲れでやる気もでないし、心身ともにだるいなぁ・・・なんて感じていませんか?

 

そんなときには、午後のひととき、お気に入りのハーブティーを淹れて過ごしてはいかがでしょうか?
そこで本日ご紹介するのは見た目も美しい夏の疲れを解消するハーブティーです。

 

ハイビスカス&ローズヒップのハーブティー

 

抗酸化作用が高く疲労回復にはやっぱりビタミンCは欠かせません!

そこでお手軽にビタミン補給できるハーブがこの二つ。

 

☆ハイビスカス    小さじ1

☆ローズヒップ    小さじ2/1

☆熱湯        約180?200ml

 

梅干しと同じクエン酸を豊富に含むハイビスカスは、日本人には飲みやすいハーブティーのひとつです。

 

風邪やカラオケなどで痛めた喉の炎症を抑える効果や、二日酔いを解消、また便秘や肌荒れを解消してくれる効果も。

 

ローズヒップのビタミンC含有料はオレンジやレモンの10倍といわれるほど!ビタミンAやビタミンEも豊富に含むまさに美の効果が高い女性に大人気のハーブです。

 

この二つのハーブの相性は抜群で夏場には欠かせない存在。

 

美しい赤い色合いと爽やかな酸味が食欲をわかせ、また利尿効果も高いので水分の摂り過ぎによるカラダのだるさやむくみの解消にも効果的。

 

ちょっと酸味が苦手という方は、上質な蜂蜜をプラスして甘みをもとめても美味しく蜂蜜のアンチエイジング効果も期待できますね。

 

残念ながらビタミンCはカラダに蓄積できないので、こまめに食事や飲み物から補給することで疲労回復効果を高めていきたいですね。

 

この記事が気に入った、参考になったと思っていただけたらぜひ、

「いいね」を押してくださいね!      ↓↓↓

バックナンバー