気温差が激しい2月は、肌荒れに要注意!

「三寒四温」と表される二月の気候。

暖かくなったり、寒くなったりで、何だか落ち着かないですよね。

 

この気温差にお肌が付いていけず、肌荒れなどを引き起こしてしまうことも。

 

人間は恒温動物(体温を一定に保つ動物)なので、気温が低いと、体温を下げないように、必死に努力するシステムになっています。

 

急に気温が上がると、体はびっくりしてしまい、自律神経のバランスが狂ってしまうのです。

 

自律神経は女性ホルモンと連動しているので、自律神経が乱れると、女性ホルモンのバランスも乱れてしまい、肌トラブルが起きてしまうことがあります。

 

また、気温差によって、皮脂の分泌が適切にできなくなり、乾燥状態に陥ってしまうことも。

 

さらに2月は、まだ湿度が低く、乾燥しやすい季節なので、余計に肌が敏感になりやすい時期。

 

少しずつ春の訪れを感じるのは良いことですが、肌にとっては過酷な時期なんですね。

 

2月の乾燥肌を回避するには、保湿ケアがもちろん重要なのですが、特におすすめしたいのが、目元の保湿ケアです。

 

なぜなら、花粉の本格シーズンがもうそこまで迫っているから。

 

花粉が飛び始めると、特に目元がカサカサするようになる方が多く、そうなる前にケアを始めておくことが大切です。

 

目元が乾燥したまま花粉シーズンが終わると、今度は紫外線量が増えるシーズンに入り、更なるダメージのもとに・・・。

 

だからこそ、この時期の目元ケアは重要なんです。

 

シンリーボーテのモイストリッチクリームは、アイクリームとしてもお使い頂けるので、目元にもたっぷり塗ってあげてください。

 

女性ホルモンをサポートしてくれるヒオウギエキスや、天然アロマも配合されているので、気温差に揺らぎがちな今の時期のケアにピッタリですよ。

 

カサカサな目元は、老けて見える原因にも。

 

きちんとケアして、不安定な季節も美しく過ごしましょう。

 

 

この記事が気に入った、参考になったと思っていただけたらぜひ、

「いいね」を押してくださいね!      ↓↓↓

バックナンバー