寒い時期にやってしまいがちなNG洗顔とは?

気温が低く、空気も乾燥していて、保湿のスキンケアに力を入れたくなるこの季節。

 

ローションやクリームといった“与える”スキンケアも大事ですが、実は、洗顔が保湿のカギになっているんです。

 

今日は、寒い季節にやってしまいがちな「洗顔の落とし穴」をご紹介しましょう。

 

皆さんは、クレンジングのすすぎや洗顔の時、どれくらいの温度のお湯を使っていますか?

 

冬は、洗面所も寒く、無意識に熱いお湯で洗顔している方が多いかもしれませんね。

 

でも、そこに「落とし穴」が。

 

熱いお湯で顔を洗うと、肌に必要な皮脂が溶け出してしまい、乾燥の原因になってしまうんです!

 

適温は30度から32度前後。

 

「ぬるま湯」というよりは、「少し温まった水」くらいの感覚です。

 

寒い季節には辛いかもしれませんが、こればかりは、「肌の将来を思って、耐えましょう!」の一言に尽きます。

 

そして、入浴中にクレンジングや洗顔をする方も、体を洗う熱いお湯で、そのまま洗顔してしまわないよう、注意が必要です。

 

温度を調節するのは、少し面倒ですが、間違った洗顔を毎日継続していると、慢性的な乾燥肌になってしまいます。

 

美肌への道は、「忍耐」と「ひと手間」が必要なんですね!

 

 

この記事が気に入った、参考になったと思っていただけたらぜひ、

「いいね」を押してくださいね!      ↓↓↓

バックナンバー