ビール好き女子に朗報?!ビールと女性ホルモンの意外な関係とは

冷えたビールが美味しいこの季節。
1杯のつもりが、もう2杯、3杯と進んでしまう、という方も多いかもしれませんね。

 

今日はビール好きの女性には嬉しい情報を。
なんとあのビールに、女性ホルモンをサポートする効果があるというお話です。

 

ビールの原料はホップですが、このホップには「フィストロゲン」という女性ホルモン様成分が含まれています。

 

女性ホルモン様成分とは、女性ホルモンそのものではないですが、構造が非常によく似た成分のこと。

 

大豆に多く含まれることで有名なイソフラボンも、女性ホルモン様成分のひとつです。

 

美肌ホルモンの別名を持つエストロゲンと似た作用を持つので、女性の美容にはとっても効果的。
植物性エストロゲン、なんて呼び方もあるんですよ。

 

また、ビールにはビタミンB類も豊富に含まれています。

 

特に、お肌や粘膜の健康を保つビタミンB2が他の酒類に比べてたっぷり含まれているので、ビールって、実はお酒の中でも美肌効果が高いのです!

 

ビールを飲んできれいになれるなんて、ビール好きには朗報ですね。

 

ただし、ビールには食欲増進効果があるので、食べ過ぎにはくれぐれもご注意を。

 

それともうひとつ。

 

味はよく似ていても、発泡酒や第三のビールと呼ばれるものは、ホップの使用量が少なかったり、商品によってはまったくホップを使っていないものもあります。

 

これらを飲んでも、フィストロゲンの効果は期待できません。

 

少しお値段は高くなってしまいますが、女性ホルモン効果を望むのであれば、麦芽100%のビールを選んでくださいね。

 

 

この記事が気に入った、参考になったと思っていただけたらぜひ、

「いいね」を押してくださいね!      ↓↓↓

バックナンバー