皮脂の取り過ぎに注意!脂を取るつもりが逆に脂性肌になることも

連日暑いひが続き、じっとしているだけでも、じわっと汗がにじんできます。
汗はメイクの大敵。
化粧崩れや皮脂が気になって、ついつい油取り紙やウェットティッシュに手が伸びそうになります。

でも、その行動、じつは注意が必要です。
皮脂を取り過ぎると、逆に皮脂を増やしてしまうことがあるのです。

それはなぜか?
まず、皮脂は悪者ではなく、肌を守っている大切なものだということを理解しましょう。
皮脂は天然の保湿クリーム。

私たちの肌から、水分が蒸発しないように守ってくれるガードマンです。
ですから、その皮脂を取り過ぎてしまうと、お肌は「水分が蒸発してしまう!」と危機を感じ、どんどん新しい皮脂を出して潤いを守ろうとします。

これでは本末転倒、減らすつもりが、ますます皮脂を増やす結果になってしまいます。

特に、大人の肌は注意が必要。
若い頃に比べると皮脂の分泌量が減っているので、若かった頃と同じ感覚で皮脂を取ってしまうと、肌が過剰に反応しかねません。

自分は脂性肌だとおっしゃる女性のなかには、皮脂の取り過ぎ、洗い過ぎで、自ら脂性肌を作ってしまっている場合も多いんです。

年齢が変われば、スキンケアもそれに合わせて変えなければいけないんですね。
汗でお化粧が崩れた時は、油取り紙だと皮脂を取り過ぎてしまうことがあります。
ベタベタを全部取りたい!という気持ちもわかりますが、ここはグッとこらえて、優しくティッシュオフする程度に抑えましょう。
くれぐれも、取り過ぎは厳禁!ですよ。

いつもメイクが持たない、化粧崩れがひどいという方は、皮脂を取り過ぎていないかどうか、見直してみてくださいね。

 

 

この記事が気に入った、参考になったと思っていただけたらぜひ、

「いいね」を押してくださいね!      ↓↓↓

バックナンバー