ゴールデンウイークのお出かけはアロマも一緒に

ゴールデンウイークが近づき、お出かけの予定を立てている方も多いですよね。

 

旅のお供に是非連れて行っていただきたいのが「アロマオイル」です。

 

種類によって、旅先で活躍するアロマオイル。

 

その活用法をお伝えしますね。

 

 

宿泊先で何だか落ち着かない、いつもと違うかんじで眠れない、という時ってありませんか?

 

そんな時は、コップにお湯を注ぎ、リラックス作用・鎮静効果のあるラベンダーやスイートオレンジのアロマオイルを数滴。

 

お部屋を香らせると気分が落ち着きます。アロマオイルを垂らしたハンカチやタオルを枕元に置いて、香りを嗅ぎながら眠るのもおススメ。

 

予定をたくさんこなして疲れたなぁ、という時は、レモングラス、ゼラニウム、ローズマリーといった疲労回復効果のあるアロマオイルを選んでみましょう。

 

ちなみに、ラベンダーとゼラニウムは、シンリーボーテの全製品に配合されています。

 

少し話がそれますが、私は、旅先にも、いつも使っているシンリーボーテを持参していますよ。

 

というのも、慣れ親しんでいる香りって、旅先で嗅ぐと妙に気持ちが落ち着くんですよね。

 

その他にもアロマは、旅先での色々なシーンに活用できます。

 

例えば、運転中の居眠り防止にも。ペパーミントの香りは、眠気を覚まして、意識をはっきりさせたい時に役立ってくれます。

 

ティッシュペーパーに数滴垂らして、エアコン通風口に挟み込むと車内に香りが広がります。

 

私は、旅先でレンタカーを借りた時、車内のニオイが気になるとルームフレッシュナー代わりに使うこともありますよ。
(ただし、眠気を誘う効能があるオイルは避けてくださいね!)

 

また、海外旅行の時差ぼけ防止にはラベンダーが効果的。

 

生体リズムを回復させ、高ぶった神経を鎮めるのに役立ちます。

 

ラベンダーのオイルを使ったアロマバスにゆっくりつかり、飛行機移動の疲れを取り去りましょう。

 

アロマオイルは瓶が小さいので、旅行の持ち物としてもそんなに負担にはならないですよね。是非、持ち物リストに加えて、より快適な旅行を楽しんでくださいね!

 

 

 

この記事が気に入った、参考になったと思っていただけたらぜひ、

「いいね」を押してくださいね!      ↓↓↓

バックナンバー