お風呂でのクレンジングで気を付けたい2大NGポイントとは?

毎晩のメイク落とし、皆さんは洗面所でしていますか?それともお風呂でしていますか?

 

おそらくお風呂でクレンジング&洗顔をする方、結構多いですよね?!

 

どんな風にお顔をすすいでいるか、思い浮かべてください。

 

もし、シャワーを顔にかけてすすいでいたら、そこにはお肌にとって2つのNGポイントが潜んでいます!

 

まず1つめのNGポイントは、シャワーの水圧。

 

勢いよく出てくるシャワーの水圧は、実はお肌にとってはかなりの刺激。

 

毛穴を広げてしまったり、シワを作る原因にもなるんです!

 

しかも洗顔後のお肌はデリケートな状態。

 

水圧が強い刺激となり、肌荒れを引き起こすことも。

 

すすぎは、なでるように優しく!が大原則です!

 

 

2つめのNGポイントは、シャワーの温度。

 

特に意識せず、シャワーから出てくるお湯を使った場合、その温度はおそらく40度前後ですよね?!

 

その温度はお肌にとっては熱すぎます!

 

高い温度のお湯で洗うことによって、お肌にとって必要な皮脂やうるおいまでも溶け出してしまうのです。

 

溶け出した分の皮脂を補おうと皮脂分泌が盛んになって、ニキビの原因になったり、うるおい成分が溶け出してしまうことで、肌がつっぱったりカサカサになったりします。

 

洗顔時の適温は肌質によって若干変わりますが、下記の通りです。

 

乾燥肌→30度から34度
普通肌→35度前後
脂性肌→36度から38度

 

毎日しているクレンジングと洗顔。

 

シャワーをそのまま顔にかけてすすぐ習慣は、お肌の将来に悪影響を及ぼすこと間違いありません!

 

少し面倒でも、お湯の温度を調整して、お湯は優しくかけてすすぐのが正解!

 

もし心当たりがある場合は、早速今夜から実践してみてくださいね!

 

 

 

この記事が気に入った、参考になったと思っていただけたらぜひ、

「いいね」を押してくださいね!      ↓↓↓

バックナンバー